統合失調症,経過

予測ができない心の病――統合失調症の症状期間

統合失調症は精神の状態によって病の進行が大きく左右されるため、病が一時的に治まることや悪化することがあり、本人はもちろん周りも予見することができないのが厄介な所です。

心の病は一時的に治まったからといって安心していると、再び発症してしまう危険性を持っています。
早期のうちに病を治療する・症状を悪化させないように進行を止めるには患者に対する周囲の協力が必要不可欠なのです。「早期発見・早期治療」を心がけていきましょう。

軽い時期に完治したい――4つに分けられる期間とは

この病は発症の前兆が見られる時期から回復傾向の時期まで、大きく4つに分けられています。

分けられた期間の大まかな説明をしていきたいと思います。

病を発症する兆しが現れ始める――前駆期

この前駆期(前兆期とも言います)は病が活発になる前段階のようなもので、この時点であれば軽い症状だけなので治療するとそのまま治ってしまうことあるそうです。

この期間は自分が行なっている仕事や学業にて行き詰まりのようなものを感じ、「何とかしなければならない」という気持ちに追い詰められるようになっていきます。
その結果周囲の目を気にするようになり、強迫めいた考えに囚われるようになるのです。

症状は他と比べて軽いため周りから気付かれにくく、周りが治療を進めても患者本人が拒むことが多いです。        

姿を隠していた異変が牙を向く――急性期

前駆期にて症状に気付かなかった・患者が拒んで治療することができなかった等の理由で治癒できなかった場合、症状の期間はこの急性期へと移行していきます。

急性期は前駆期よりも周囲からの動きを過敏に刺激され、ありもしないものが見える・自分に対する声が聞こえてくるといった陽性症状が現れてくるようになります。
この期間では言動に異常性が見られたり自身の精神が大きく不安定になるため、周りも患者の異変に気付きやすく、患者本人も症状への自覚が芽生えるのですぐに治療する流れへと入ることができます。

心身共に疲れ切った状態――消耗期

急性期で精神が不安定な時期が続き、徐々に疲れとなって身体に現れてくるようになります。
それが消耗期で文字通り精神を消耗され、やる気が減少する代わりに倦怠感が増加していきます。

陰性症状に似たこの期間は、実は精神によって振り回された脳や心を休めるための期間であり、病を治療していく上で大切な期間なのです。
この期間はまだ完全に治ったわけではないので、ささいなことでまた急性期に変貌してしまうことがあるので注意しなければなりません。

急いで治そうとせずに落ち着いて患者の治療を進めるのがこの期間でのベスト療法となります。

また平穏な日々へ――回復期

治療が順調に進むと症状は和らいでいき、最終的に病が迎えることになるのが回復期です。

少しずつ正常だった日々にやっていたことができるようになり、消耗期で失っていたやる気等も戻ってきます。
周りや本人にも回復の傾向になるのが分かってきますので、すぐに社会復帰を目指して回復を進めようとしがちですが、ここで大事なことはまず落ち着くということなのです。
社会復帰を目指して焦ってしまうと精神への負担となって症状を再発する恐れやなんらかの障害となって残ってしまう場合があるので、消耗期のようにできることから始めるゆっくりとした治療を継続することが重要なのです。

以上が統合失調症の病が経過する期間です。これは各々の精神が反映される病なのですぐに治る人や、何度も症状が再発してしまって長期療養が必要な人もおり、一概に期間の長さといった具体的な数値等は出ておりません。

期間の長さは患者本人の努力と周囲の助力次第といってもいいのではないでしょうか。

  • 発症の要因 - きっかけとなる要素とは?
  • 薬の種類 - 治療に使われる向精神薬について

  • 【症状と原因】統合失調症の原因、症状や合併症と共に鬱病との違いを紹介
  • 【治療のガイドライン】治療に使われる薬の種類や副作用、漢方薬の効果とリハビリについて
  • 【ご家族の方へ】対応方法・接し方、治療のための診断プロセス、再発予防などの心構え
  • 【社会への復帰まで】生活保護・障害者年金の申請方法や金額、相談窓口などの福祉制度情報