薬,基礎知識

身体に広まる小さな力――薬とは

普段何気なく使っている薬ですが、医師から出された薬についてあなたはどれくらい知っていますか?

薬の効能くらいは医師からの説明や処方箋に書かれていますが、肝心の「薬」そのものについて私たちはどこまで理解できているでしょう。
薬の用法・用量や副作用という言葉は聞いたことがありますが、他の結構重要だったりする情報は案外知らないという人が多いです。

薬には普段摂取することができない栄養を補給するサプリメントと呼ばれる薬から病に対する体制を身体で整えるために必要な成分を含んだ一般的な薬等があり、形状も注射で血液にそのまま注入するものから錠剤や粉末を飲み込んで吸収するものなど様々な薬があります。

薬を飲む時に使うものは

薬は服用する際に、何か液体で飲み下さないと食道で止まってしまうことがあり、そこで溶けてしまって食道が荒れたりする恐れがあるので、何も使わずに飲むのは止めて置きましょう。

通常はコップ一杯くらいの水やぬるま湯で服用しますが、お茶もある程度の薬であれば服用するのに使っても大丈夫なようです。
ただし、牛乳やグレープフルーツジュースなどは薬によっては効果が薄れることや、身体に悪影響が出る場合があるのでなるべく服用には使わないようにしましょう。

コーヒーも含まれているカフェインによって効果が薄れることがあり、ビール等のアルコールは薬の成分を狂わせてしまうためこれらは服用時には使わないようにしましょう。

できることなら覚えておきたい――薬を飲む時間

薬には服用すべき時間帯というものがよく決められています。
しかし何時飲むべきものなのか分からなくて困ったことはないですか?

紛らわしい表記や処方された時の説明が無ければ間違った服用をしてしまう可能性もあるので正しい服用方法を覚えておきましょう。

用法 適した服用方法
食前 食事の30分程前から服用します。体内への薬の吸収が早いです。
食事前 食事の直前に服用します。目の前にご飯があって食べようとした時が目安です。
食直後 食事が終わってすぐに服用します。食べ終えてからすぐというのが重要です。
食後 食事の30分程後に服用します。多くの薬はこの形です。
食間 食事のおよそ2時間後に服用します。「食事中に服用する」という意味ではないので注意しましょう。
頓服 その時の必要に応じて服用します。痛み止めや下痢止め等がこれに当てはまります。
就寝前 寝る前に服用します。睡眠薬や便秘薬がこれに当てはまります。

他にも時間薬と言って、薬の効果を持続するため1日の間に分割して服用する薬もあるそうです。
表示された通りに服用しないと薬の効果が薄れてしまうので、服用する際には気をつけておきましょう。

気をつけておきたい薬の注意点

薬には服用する時以外にもなるべく避けておきたいことがいくつかあります。
例えば保管場所が悪ければ温度・湿度の影響を薬が受けてしまい、本来の薬の効用がなくなるどころか悪質な成分を発生させてしまいます。

薬を保管する際には「直射日光に当たる所は避ける」「温度が常温である場所に保管する」「湿度にも注意する」といった点をよく覚えておいて下さい。

また、薬には服用期間が定められており症状が回復したからといって服用を途中で中断してはいけません。
治りかけていた病が再発することや、病が別の段階にこっそりと移行する場合もあるのです。
処方された薬は、医師との相談で中断するかどうかを決めたほうがいいでしょう。

薬が余ってしまうことがあって、ある程度期間を置いた後に病を発症したような気がしても服用期間を過ぎてしまった薬は、長期保存で何らかの変質をしている可能性があるので使うのは止めておきましょう。

薬は医師の処方通りに服用することで力を発揮するもので、自己流の服用によっては治療の妨げや病の悪化を招くことになるので、正しく服用して病の克服を心がけましょう。

  • 発症の要因 - きっかけとなる要素とは?
  • 薬の種類 - 治療に使われる向精神薬について

  • 【症状と原因】統合失調症の原因、症状や合併症と共に鬱病との違いを紹介
  • 【治療のガイドライン】治療に使われる薬の種類や副作用、漢方薬の効果とリハビリについて
  • 【ご家族の方へ】対応方法・接し方、治療のための診断プロセス、再発予防などの心構え
  • 【社会への復帰まで】生活保護・障害者年金の申請方法や金額、相談窓口などの福祉制度情報