統合失調症,薬,副作用

併発は避けたい――害ある副作用

薬は通常、医師から処方された用法・用量を守っていると副作用等は発生しないのですが、誤った服用の仕方で発生する副作用や強い薬による副作用が発生し、身体に悪影響となって襲い掛かります。
この病の薬も精神を安定させるための多くの成分が入っているためどうしても薬が強烈になりがちで、昔から薬による副作用に多くの人が悩まされています。

薬が個人一人一人によって効き目が違うように、副作用が出るパターンも個人によって違ってくるのが厄介です。
この薬では便秘や発疹のように通常の薬にも出る副作用が発生する場合や、別の病と同じ症状が副作用となって現れてしまうこともあります。

体調が良くなっていくものなら同時に発生させていきたいものですが、病が悪化するような副作用等を併発しないよう気をつけておきたい所です。

確認しましょう――副作用の種類

統合失調症に使用される抗精神病薬で発生する副作用は、他の薬と比べると発生数が多い方です。

もし処方された薬が強くない薬であっても、副作用が発生しないとは限りませんので、この薬で発生する副作用を学んでおきましょう。

抗精神病薬で発生する主な副作用
名称 主に見られる症状
錐体外路症状 抗精神病薬に見られる主な副作用。動作から機敏さが無くなり手が震えるといったパーキンソン症状や、舌が出たままになってしまうジストニア、足がむずむずしてきてじっとしていることが困難になるアカシジア等のいずれかの症状が発生します。
自律神経症状 口の中が乾く・目がぼやける・便秘になるといった症状が現れます。
抗ヒスタミン症状 眠気や身体のだるさを感じるようになり、ぼーっとすることが多くなります。
悪性症候群 高熱の発生や身体が硬直して一時的に動かなくなってしまう副作用です。
遅発性ジスキネジア 無意識に何かを食べているかのように口を動かす・頭や肩などを動かすといった症状が現れます。

このように様々な副作用が確認されており、副作用によっては現在発症している病よりも重い症状が発生してしまうこともあるので薬による副作用には注意が必要です。

副作用を恐れないで――薬の投与を勝手に止めてはいけません

この病に使われる薬を使用していて、副作用が発生した場合に副作用の症状に耐え切れず、薬の投与を自己の判断で止めてしまう人もいますが、それは間違った行為です。
確かに薬によっては身体に合わずに副作用となって悪影響を与えてしまうこともありますが、薬はあくまで「病の治療」に使われているため、薬の投与を急に止めるとその反動で病の症状がさらに酷くなる場合もあるのです。

副作用の度合いによっては、医師と相談した上で薬の投与を一時的に中断することもあるかもしれませんが、自己判断で薬を使用禁止にすることは控えておきましょう。

治療を妨げないために――副作用を緩和するには

薬の副作用が発生すると、現在発症している病の治療に加えてそちらの対処もしなければならないため、副作用を抑える薬が新たに処方されることや強い薬を服用する量が減らされることがあります。
そうなると治療ペースを変更しなければならなくなり、病の治療期間も長いものとなってしまいます。
それを防ぐために、現在副作用の発生を少なくする薬の開発や副作用自体を抑える薬の開発が行なわれていますが、副作用が全く発生しないという確証はまだ得られていません。

この病に限らず様々な薬には各々の体質によって副作用が発生してしまうことがあり、それは薬を使用する際に用法・用量を守っていても発生する時は発生してしまいます。

副作用の対応として基本的なことは、もしも薬を服用していて異変を感じたら医師に相談し、新たな薬の処方や投与量の調節等しかるべき対処をとることが一番なのです。

  • 発症の要因 - きっかけとなる要素とは?
  • 薬の種類 - 治療に使われる向精神薬について

  • 【症状と原因】統合失調症の原因、症状や合併症と共に鬱病との違いを紹介
  • 【治療のガイドライン】治療に使われる薬の種類や副作用、漢方薬の効果とリハビリについて
  • 【ご家族の方へ】対応方法・接し方、治療のための診断プロセス、再発予防などの心構え
  • 【社会への復帰まで】生活保護・障害者年金の申請方法や金額、相談窓口などの福祉制度情報