悪性症候群

悪意の塊――悪性症候群について

抗精神病薬のような精神病の薬は、病に対抗するために身体に強く効くように作られているため副作用が一般の薬よりも発生しやすいと言われています。

厄介な副作用ですが、その中で気をつけねばならないのがこの悪性症候群です。
この副作用は他の副作用と似た症状を発症したり、命の危険に関わるような重い病を併発する恐ろしい副作用です。
これは様々な抗精神病薬にて発症が確認されていた副作用で、今では抗うつ剤や副作用を抑えるための薬からも発症する可能性があります。

他の副作用と同じ症状が出ても、早期に治療をしなければ体中に害となって脅威を見せる症状なので、悪性症候群ではないかと思うことがありましたらすぐに医師と相談し、しかるべき対処をとりましょう。

治療している病よりも危険?――恐ろしい症状

悪性症候群は多くの症状が身体に現れるので、酷くなっていく前に治療が必要です。
治療が手遅れとなる前に早期発見・早期治療を心がけるため、どのような症状が現れていくのか確認していきましょう。

悪性症候群に見られる症状群
症状名 症状の詳しい内容
発熱 38度以上の高熱が前触れも無く突然発症する。安息をとっても中々下がらない。
錐体外路症状 手足のふるえ・しびれ、目の焦点が合わないといった身体が自分の意思で制御できない。
自律神経症状 汗をかく、唾液の分泌量が極端に多くなる。身体の水分関係の制御が上手く出来なくなるのが特徴。
悪性症候群の合併症
合併症名 合併症を起こす原因
肺炎 筋肉が固まり、呼吸が上手くできなくなるため引き起こされるもので、合併症では肺炎になる人が一番多い。
腎不全 筋肉の硬直から紋筋融解症という病を併発し、悪い細胞が血液中に流れて腎不全を引き起こす。尿が赤褐色の場合は発症の印。
神経症状 高熱が続くと、中枢神経や末梢神経に影響が現れて、神経を通した病となって現れる。

主にこのような症状が確認されており、発熱は悪性症状と他の副作用とを見分ける点で重要ですが、「悪性高熱症」という悪性症候群に類似した症状を発生する病もあります。こちらは全身麻酔を使用した後で発生する症状なので、違いは明白です。
しかし「セロトニン症候群」というがあり、こちらも症状がよく似ている点が多く、悪性高熱症よりも違いが分かりづらいため注意が必要です。

副作用の判別が難しい場合には医師とよく相談し、病の識別をしてもらいましょう。

悪性症候群に負けないために――検査から治療まで

この副作用は発症するとたくさんの症状を併発し大変なため、出来る限りこれを引き起こすことは避けておきたいです。
まず対策の一つですが、現在この症状を早期に発見するのには血液検査が使われているので、薬を服用していて何か異変を感じたらまずは一度調べてみると悪性症候群が初期の段階で判明するかもしれません。
他の病と同じように軽いうちに症状が判明できれば、治療法も軽いもので済むものなので、検査はしておいて損はないでしょう。

次に治療法です。
この症状は副作用の一種なので、現在使用している薬に問題があるかもしれないので、薬の量を減らす・薬の投与を一時的にストップするといった処置がとられます。
他には施設による特殊な処理で全身をくまなく健康管理する場合や症状を抑える特別な薬が処方される場合もあります。

生命を失うと言われると怖い副作用ですが、早期に発見し、治療を開始することで完治できる病なので恐れすぎることはありません。

病に対して大事なことは、病を知ることと病と向き合っていくことが治療をするうえで大切だと思いますので、もし発症するようなことがあったら悪性症候群から目を逸らさずに真正面から立ち向かっていきましょう。

  • 発症の要因 - きっかけとなる要素とは?
  • 薬の種類 - 治療に使われる向精神薬について

  • 【症状と原因】統合失調症の原因、症状や合併症と共に鬱病との違いを紹介
  • 【治療のガイドライン】治療に使われる薬の種類や副作用、漢方薬の効果とリハビリについて
  • 【ご家族の方へ】対応方法・接し方、治療のための診断プロセス、再発予防などの心構え
  • 【社会への復帰まで】生活保護・障害者年金の申請方法や金額、相談窓口などの福祉制度情報