統合失調症,家族

周りで助けるために――病を受け入れる

統合失調症を発症した時に、最初に病だと気付くことができるのは身近にいる家族だと言われています。
それは傍にいる時間が他の人よりも多いため、患者本人が普段とはどこか違うような言動をしているといち早く異変を見抜くことができるからです。

万が一家族の誰かが病を発症した際、家族に必要とされることは「落ち着く」ということだと思います。
患者が急にいつもとは違う様子を見せたならば、他の家族は言葉にできないような不安や恐怖を感じるかもしれません。
しかし苦しんでいる患者よりも家族達が焦ってしまうとそれが病への影響となってしまうこともあるので、一先ず落ち着いて精神病の一種だとしっかり認識し、それから病の対処をとるようにしましょう。

患者よりも先に病を受け入れる体勢を作って、患者の病と向き合っていこうという姿勢作りをしていきましょう。
どんなことであれまずは何事にも冷静な思考と行動が必要になってくるのです。

できるだけ自然に――患者への配慮

病の治療を開始するため患者を病院に連れて行くには、普段と変わらない態度でさりげなく連れて行くようにしましょう。
何故ならこの病は、発症した患者自身に「自分は病を発症している」という自覚が無い為、無理に病院に連れて行こうとすると拒まれてしまうことや時には暴れてしまうことが多いからだそうです。
これに限らず、患者への接し方は今まで通りでありながらも、自然と病について気にかけていくようにしなければなりません。

心の病は、思いもよらぬ些細なことですぐに悪化してしまうことがあります。
例えば病について患者の体調や状態を気にかけ過ぎることや、病に打ち勝つように患者を無駄に応援するとそれが精神への負担となって病に悪影響を与えてしまうのです。
患者のことを思うのであれば、いつもと同じように接するのが一番良い形だと思われます。

問題を重く考えすぎない――自分達もストレスを抱えないために

患者が病を発症した原因について、家族が「自分達の患者に対しての環境づくりがいけなかったのではないか」と悩んでしまうこともあるそうです。

精神疾患は具体的な原因というものが分からないことが多いので、「もしかしたら・・・」といったことを家族側で考えてしまうかもしれませんが、そのように自分達を責めるような自虐的な思考を持つようになると、それが疲れやストレスとなって溜まっていき、体調を崩すことになってしまうかもしれません。

患者を治そうとしているうちに自分も同じような病を発症してしまったという「ミイラ取りがミイラになる」形になってしまうので、あまり気を思いつめて患者と接せずに深刻になりすぎない程度で患者と付き合っていくようにしましょう。

身近な人のカウンセリング――家族のケア

医師よりも患者と接する時間が長い家族は、病についてよく理解しておかなければなりません。
そのため患者とは別に医師と病の状態について相談し合ったり、患者の家族同士で集まる「家族会」というものに参加するのがいいでしょう。

家族会とは同じような悩みを持つ家族同士で意見の交換をすることや、病の問題について一度経験した家族から適切なアドバイスを貰える会合なので、参加することができれば積極的に参加するようにしましょう。

家庭という落ち着ける環境の中で、家族という一番信頼できる人と話し合うだけで、簡単なケアと同じように病を治療していくことができます。
病院や施設と違って「帰る場所」を作っている家族は、患者の支えとなるため色々と努力しなければならないかと思います。

途中で諦めてしまう・治療を投げ出すといったことがなく根気よく患者と接していけば、必ず患者は病から回復していくことでしょう。

  • 発症の要因 - きっかけとなる要素とは?
  • 薬の種類 - 治療に使われる向精神薬について

  • 【症状と原因】統合失調症の原因、症状や合併症と共に鬱病との違いを紹介
  • 【治療のガイドライン】治療に使われる薬の種類や副作用、漢方薬の効果とリハビリについて
  • 【ご家族の方へ】対応方法・接し方、治療のための診断プロセス、再発予防などの心構え
  • 【社会への復帰まで】生活保護・障害者年金の申請方法や金額、相談窓口などの福祉制度情報