統合失調症,就職,働く

普通の人と変わらない――精神回復後の就職

発症してから治療を続け、症状が落ち着いて精神も安定した頃に社会に戻る支度を始めると思います。
軽い症状ですぐに治療を終えた人は、自信を持って就職活動を始めることが出来るかもしれませんが、重い症状が出てしまい大分仕事から遠ざかっていた人等は、自分が仕事を普通に出来るかどうかという不安を持ってしまうようになります。
そのような患者は病の後遺症が仕事に影響を与えたり、仕事をしている最中に突然病を再発してしまうのではないかと考え、働こうという意思を引っ込めてしまうそうです。

社会に戻り、仕事を始めていくためにまず必要なことは「自信」を持つことです。
「自分は病を克服した」という思いが強ければ、精神が簡単に揺らぐことはなく周囲からの影響で病を動かすこともなくなってきます。
精神疾患は、病であっても本人と周りの支えがあれば普通どおりの業務がちゃんとできる病です。
これは病を発症した患者に限らないのですが、ネガティブな思想は持つと身体にも影響が出てしまうので、常に前向き思考でいると就職していくことに苦痛は感じなくなってきます。

「病は気から」という言葉があるように、健康を保つためにはまず気持ちを切り替えて頑張っていきましょう。

働き始めたら――仕事上での注意点

仕事を再開する・働き始める患者は、自信の病で気をつけなければならないことがあります。
例えば就職する際に以前働いていた職場に戻るか、新しい職場で働くかといったことも重要ですのでちゃんと考えなければなりません。
職場は言わば患者を取り巻く周囲の環境の一つですので、環境が病を誘発するような影響を与える可能性もあるのです。

会社側が病についてよく理解でき、迎え入れることができるのならば働いていく上で特に問題はないかもしれませんが、職場の人間関係や仕事内容によるストレスが原因で病を発症してしまった人は職場を新しく変えなければなりませんし、就職する職場が必ずしも病について理解できていると決まっているわけでもありません。
そういった点は、事前によく話し合ってお互いの同意を得ることが大切です。

また、精神疾患の患者は一見まじめで仕事もテキパキとこなせる良い人材に見えるのですが、無理に与えられた仕事を断れずに承諾してしまったり疲れていても気丈に振舞うことで疲れを見せない努力をしてしまって、一人で悩みや疲れも抱え込んでしまう傾向にあるので、気付かないうちに精神への足枷となって不安定な精神状態へと陥ってしまうのです。

会社側も、患者にはあまり無理をさせず適度に休みを取ることができる環境づくりを心がけていきましょう。
焦らせずにゆっくりとできることから仕事をやらせていくのがポイントの一つです。

患者への救済――就職の支援について

仕事を探す際に患者はハローワーク等の職業安定所に行くと思いますが、現在障害を持った人でも働ける職場を支援するセンターが作られています。
これは障害のため中々就職が決まらない人のため、障害を持った人でも安心して働ける職場の情報を収集し、仕事を探している人に情報を提供するという所です。

不況のおかげで一般就職も厳しい今の日本で、この支援は患者にとって大変ありがたい支援だと思います。
他にも企業側が、患者に仮入社してもらって仕事を体験してもらう制度があり、これは患者の仕事への意欲や向上心を育てると同時に社会復帰への支援も行なうというものです。

以前まで患者に対して色々と厳しいことが多い世の中でしたが、今では患者のことを考えた社会へと変わりつつあります。
この流れに合わせて、統合失調症という病を発症する人が少なくなっていくといいですね。

  • 発症の要因 - きっかけとなる要素とは?
  • 薬の種類 - 治療に使われる向精神薬について

  • 【症状と原因】統合失調症の原因、症状や合併症と共に鬱病との違いを紹介
  • 【治療のガイドライン】治療に使われる薬の種類や副作用、漢方薬の効果とリハビリについて
  • 【ご家族の方へ】対応方法・接し方、治療のための診断プロセス、再発予防などの心構え
  • 【社会への復帰まで】生活保護・障害者年金の申請方法や金額、相談窓口などの福祉制度情報