相談,窓口,統合失調症

慌てずに相談を――病について頼る場所

統合失調症は発症してすぐに身近にいる家族等が気付くことができますが、発症や異変に気付いても簡単に治療できない厄介な病です。

治療するにはやはり専門的な知識を持った人達に任せるしかないのですが、どんな場所に行けばいいでしょうか。

治療と言えば――病院に相談

まずやはり病ということで最初に行くべき場所は病院です。
精神科が入っている病院は「メンタルクリニック」と呼ばれているので分かりやすいと思います。
症状の傾向や度合いによって、適切なアドバイスや薬の処方といった治療を行なってくれることでしょう。

患者によっては、診断を受けることを拒否することもあるので家族が代理として医師に相談することも可能です。
専門の医師に見てもらうことで、病の早期治療へと繋がっていくので普通の病院から専門医を紹介してもらうのもいいでしょう。

治療に重要な――病院を選ぶには

専門の病院や医師が揃っていても、突然行くべき所を選べ・探せと言われてもまずどこで診断をしてもらえばいいのか困ってしまうこともあります。
そういった場合に相談すべき場所は保健所や精神保護福祉センターという場所です。

通院しやすい病院や治療にかかる費用に応じて、優れた専門の病院を紹介してくれることと思います。

支援施設――精神保護福祉センターとは

ちなみに精神保護福祉センターというのは、県や政令市に一つは設置されている場所で、機関が精神を患っている患者の治療や相談等の支援を行なっています。
精神科医や作業療法士等が勤務しているので、ここでもカウンセリングや心療リハビリといった簡単な治療を行なうことができます。
専門の病院である程度治療が終わったのなら、心療治療をしにここを訪れることもあると思いますので、近場の精神保護福祉センターは確認しておいた方がよろしいでしょう。

患者の未来を見据えて――相談する内容

医師と治療を始める前に患者の症状を詳しく説明し、これからどのような治療を行なっていくのかを決めなければいけません。
病の治療はこの流れが一般的ですが、精神病の場合は症状や病の度合いが人によって現れ方も違ってくるので、慎重かつ的確な治療を始めるために診断もしっかりとしたものを行なわなければいけないため、患者の状態を知る相談が大事になってくるのです。

「○○のような症状が出て困っている」「どれくらい治療すればいいのか」といったように病について色々と相談するのがいいでしょう。
きっと相談内容に応える専門的な治療や的確なアドバイスを行なってくれると思います。

治療が進んだら社会復帰のために保健所等に行き、就職や暮らしていく上での相談を行なうようにしましょう。
病院以外の施設では、相談内容によって支援してくれる制度や施設の紹介や仕事の求人等の情報を収集してくれます。
患者の今後について何度も足を運んで相談しましょう。

患者が一番相談するのは――身近な人達

病院や支援センター等の相談窓口による患者の相談は、症状を緩和させていき病から克服するために必要なことですが、最も患者と相談し合うのはやはり患者の傍にいつもいる家族だと思います。

症状による患者の苦悩や周囲への影響をいつも身近で感じるため、患者の心が一番開きやすく相談しやすい相手と言ってもいいでしょう。
治療を始める前から治療中、そして治療が終わった後もいつでも相談相手になってくれる心強い味方です。
患者は家族とよく話し合うか仲の良い友人に自分の症状に関する問題を打ち明け、周囲はそれを受け止める優しさを見せてあげましょう。

何気ない会話からの相談はゆっくりと治療を続けるこの病にとって、身近な人との相談はいい薬となって患者の心を癒していってくれることでしょう。

  • 発症の要因 - きっかけとなる要素とは?
  • 薬の種類 - 治療に使われる向精神薬について

  • 【症状と原因】統合失調症の原因、症状や合併症と共に鬱病との違いを紹介
  • 【治療のガイドライン】治療に使われる薬の種類や副作用、漢方薬の効果とリハビリについて
  • 【ご家族の方へ】対応方法・接し方、治療のための診断プロセス、再発予防などの心構え
  • 【社会への復帰まで】生活保護・障害者年金の申請方法や金額、相談窓口などの福祉制度情報