パニック状態の女性

パニック障害

ストレスが原因の脳の病気はたくさんあります。
パニック障害もストレスとかかわりが強い病気です。
性別問わずなる病気ですがとくに女性が多いそうです。

どんな病気

突然発病する病気。絶対にならないと言う保障がなくみんながなるかもしれない病気。
みなさんも、思いかげない事でパニックした経験があると思います。私はあります。
パニック障害は、『思いがけない事』がないのに突然恐怖感がおこり同時に動悸や息切れなどを起こす為、このまま死ぬのではとパニックになる病気です。
そして、またパニックが起こるんじゃないかと不安になり悪くすると、家から出れなくなる事もあるそうです。

病気が発症しやすい人

一概にも言えませんが、『真面目な人』『神経質な人』『心配性な人』はなりやすいそうです。真面目だからこそストレスがたまりやすい。

真面目だからこそ、なんでも完璧にこなそうと、自分にプレッシャーを与えすぎる。

神経質だからこそ、人の噂が気になったり、心配性だからこそ、不安が人より多いなど ストレスを多く感じる方は要注意だと言うことです。

自分にもストレスはあります

正直、今、胃が痛いです。ただ、それをストレスだと感じるか、感じないかで大きな違いがでると思います。知らず知らずにストレスになってる事もあります。
真面目でストレスがあるのに、発病しない人もいます。

まずは、心にゆとりを持とうと思う気持ちを作って見てください。

「パニック障害」参考サイトの紹介

パニック障害を聞いたことはあるけど、なぜおこるのか?パニック発作とは?他になりやすい性格など、どう克服するか?家族の対応の仕方など、パニック障害を理解する為のサイトです。

パニック障害
http://panicd119.jp/

”パニック障害”に関する記事の紹介

パニック障害を治す薬
http://panicd119.jp/a06kusuri.html

薬物治療がとても大事な病気です。基本薬には副作用がありますが、パニック障害のお薬は副作用が少ないお薬で、飲み始めは副作用が気になりますがとにかく勝手に薬をやめない事が大事です。

パニック障害を克服するには
http://panicd119.jp/b05kokuhuku.html

パニック障害は一人で治る病気ではありません。本人の頑張りと周りの人のやさしい心使い、他には心の不安・悩みを聞いてもらうなど、一人で抱え込まないのが克服の近道だと思います。

会社には言うべき?
http://panicd119.jp/e03kaisya.html

会社勤めをしている方、これから就職する方、いろんな人がこの病気に悩まされていると思います。みんな生活があります。仕事に支障をきたしクビになったらどうしよう。発作がいつ起きるからわからないからこそ、勇気をだして報告する必要があると思います。

  • 発症の要因 - きっかけとなる要素とは?
  • 薬の種類 - 治療に使われる向精神薬について

  • 【症状と原因】統合失調症の原因、症状や合併症と共に鬱病との違いを紹介
  • 【治療のガイドライン】治療に使われる薬の種類や副作用、漢方薬の効果とリハビリについて
  • 【ご家族の方へ】対応方法・接し方、治療のための診断プロセス、再発予防などの心構え
  • 【社会への復帰まで】生活保護・障害者年金の申請方法や金額、相談窓口などの福祉制度情報